2008年02月17日

バストアップとバストのしくみ

【 バストのしくみ 】 
 
 バスト は、大きく分けて乳腺・乳腺脂肪体・大胸筋で作られ、
 そのまわりを皮膚がつつんでいます。
 この 構造 の比率によってハリ、弾力に差が出てくるのです。
 

 乳房・・・主に、乳腺と脂肪組織から出来ています
 ├ 乳腺・・・母乳を作る乳腺葉と、母乳が流れていく乳管からなっています。
 │  ├ 乳腺葉・・・乳腺がいくつか集まって、膜で包まれてできた部分。
 │  ├ 乳管(にゅうかん)・・・乳腺から乳頭(乳首)につながっている管のこと
 │  └ 乳管洞・・・母乳を一時的にためておくところ
 └ 脂肪組織(皮下脂肪)・・・乳腺を守ると共に、バストの張り、丸み、柔らかさなど、
     │             バストの大小を決める大事な要素です。
     └ 乳腺脂肪体・・・乳腺全体を保護します
 
 大胸筋・・・乳腺、脂肪組織を下から支える役目を果たします。
 浅胸筋膜・・・大胸筋の表面にあり、乳腺と結合して乳房をふっくらと盛り上げています
 胸部・・・背骨やあばら骨に囲まれた部分で乳房、の土台として重要
 胸郭・・・背骨やあばら骨からなる胸の骨組です。
       肋骨などの胸部を覆っている骨格のことをいいます。
 ク−パ−靭帯・・・バストの中にあり、弾力性のある繊維束です。
 背筋・・・胴体の背面にある筋肉の総称。浅層(せんそう)・深層の2系があります。
 腹筋・・・腹壁をなす筋肉の総称です。
 肩甲骨・・・肩甲骨とは、左右の肩の背面にある逆三角形の骨の事で、
        上腕骨の動きを支えています。
 デコルテ・・・肩から胸にわたる部分のことを指します
 
 皮膚・・・すべてを包み込んで重いバストを支える役目を果たします。
 
mune01.gif
 

posted by makoto at 09:10 |  ├ バストのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。