2008年02月20日

プロゲステロン(黄体ホルモン)・・・バストアップと女性ホルモン

【 プロゲステロン(黄体ホルモン)とは 】
 ・プロゲステロン(黄体ホルモン)とは、女性ホルモンの一種です。
 ・子宮に作用し、排卵・子宮・妊娠・生理などの機能に関わるホルモンで、
  母親になるための準備をするホルモンといわれています。
 
【 プロゲステロン(黄体ホルモン)の役割 】 
 ・このプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を促すことによって、
  バストアップができるといわれています。
  バストアップさせるために、プロゲステロンのような女性ホルモンを
  活発にしようと考えることは、とても重要といえます。
 ・乳腺を発達させる働きも持つといわれています。
 ・プロゲステロンはエストロゲンにより増殖した子宮粘膜を
  さらに分泌型にする作用で子宮内膜の成熟を促すといわれています。
 ・子宮筋肉の緊張を和らげたりする役割をもつといわれています。
 ・子宮の増大内膜の脱落などの変化をさせる作用があるといわれています。
 ・エストロゲンと共に豊かなバストを作る働きがあるといわれています。
 ・コレステロ−ルの調整作用があるといわれています。
 ・血流などを改善させる働きがあるといわれています。
 ・体温を上げる作用があるといわれています。
 ・老廃物の排出や排便を体本来の状態を保つといわれています。
 ・皮脂の分泌メラニンの働きを活発にするといわれています。
 
【 プロゲステロン(黄体ホルモン)分泌される時期 】 女性ホルモンの周期
 排卵が終わり
 エストロゲンの分泌が減少した後に
 プロゲステロンが多く
 分泌されますが、
 受精しなければ
 いらなくなった子宮内膜は
 はがれて生理となって
 体外に排出されます。
 生理が終わると共に
 乳房のハリも
 次第になくなっていきます。
 体に水分を溜め込む
 作用があるので、
 この時期には手や足が
 むくみやすくなります。
 
【 プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が不安定な場合 】 
 ・生理中などに、プロゲステロン(黄体ホルモン)が少ないと、
  生理痛になるとも言われています。
 
【 プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を促す方法 】 
 ・食事療法、ハーブサプリメントなど、様々な方法があります。
 
posted by makoto at 20:02 |  ├ 女性ホルモンとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。