2008年03月20日

亜鉛(女性ホルモン・肌のハリに働きかけバストアップ効果が期待)

【 亜鉛とは 】  
 亜鉛とは、ミネラルの成分の中のひとつです。
 
【 働き 】 
 ・たんぱく質の合成にかかわる酵素を構成する成分として重要です。
 ・バストアップには女性ホルモンの活動が欠かせません。
  その女性ホルモンの働きを助けるのが亜鉛です。
 ・ビタミンCと共にコラ−ゲンの合成に関わり、ビタミンAの代謝に働きます。
 
【 効果 】
 ・亜鉛を多く摂取すると、精神不安定を解消したりするといわれています
 ・免疫力を高めるといわれています。
 ・女性ホルモンの分泌を促す効果があるので、
  美肌効果バストアップに効果的といわれています。
 ・味覚を正常に保つといわれています。(味覚減退の改善)
 ・生活習慣病を予防するといわれています。
 ・子供では成長を促し、大人では新陳代謝を活発にする働きがあるといわれています。
 ・亜鉛欠乏症や栄養失調による病気の治療に効果があるといわれています。
 
【 過剰に摂取した場合 】 
 ・過剰摂取により神経症状、免疫障害、銅欠乏症などを
  起こすことがあるといわれています。
 ・亜鉛アレルギーの人、HIV感染患者の過剰摂取は禁忌とされています。
 
【 不足した場合 】 
 細胞の新陳代謝や成長の促進など、体に多く使われるため、 
 偏った食事や極端なダイエットにより、亜鉛の不足状態が続くと、
 
 ・食欲不振をおこします。
 ・抜け毛が多くなるといわれています。
 ・肌あれがひどくなると言われています。
 ・発育不良、成長障害が起こるといわれています。
 ・風邪をひきやすくなるなどの症状が出るといわれています。
 ・味覚障害が引き起こされるといわれています。
  (老化とともに起こる味覚障害も亜鉛が不足が主な原因です。)
 ・亜鉛の不足から女性ホルモンの分泌も減少し、
  バストの成長を妨げる原因にもなります
 
 最近、若い女性に亜鉛不足がよくみられることが言われています。
 普段から亜鉛を摂取することは健康にも、バストアップにもつながります。
 スナック菓子、レトルトなど、お手軽食品は控えめにするのがおすすめです。
 
【 含まれる食品 】
 ・肉類(レバ−など)
 ・魚介類(かき・かずのこ など)
 ・ナッツ類 ・そら豆 ・米ぬか
 などに含まれており、特にレバーに多く含まれています。
 
【 その他 】 
 ・安全性については、適切に摂取すれば安全だと思われます
 ・亜鉛は、クエン酸ビタミンCとともに摂取すると、吸収が良くなります。
 ・生牡蠣にレモンは理想的な摂取方法の1つです。
 ・亜鉛は保健機能食品(栄養機能食品)の対象成分となっていますが、
  乳幼児・小児については、あえて錠剤やカプセル剤の形状で
  補給・補完する必要性がない旨の注意喚起が出されています

 ー  亜鉛のサプリを購入するにはこちら  −

 
 
posted by makoto at 17:10 |  └ サプリ・栄養成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。