2008年12月22日

腕立て伏せ(プッシュアップ)(バストアップエクササイズ)

 ・腕立て伏せは、バストの基礎となる大胸筋を鍛えて強く大きくするため、
  バストアップへの効果が期待できます。 
 
【 鍛える場所 】 
 ・大胸筋
 
【 やり方 】 
腕立て伏せ01  ・うつ伏せの状態から、
  全身の体重を両手と両爪先の4箇所で支え、
  両腕を伸ばす力
  (肘関節を曲げた状態から伸ばす動き)によって
  身体を持ち上げます。
 ・次に肘関節を曲げて
  身体を地面に付かない程度まで下げます
 
 その動作を繰り返します。
 
【 ポイント 】 
 ・回数を多くやるより、
  動作をゆっくりと丁寧に筋肉を意識しながら行うと、
  よりバストアップに効果的と言われています。
 ・手と腕の広げる幅ですが、
  両腕の広げ方を狭くすると大胸筋の中央部に、
  大きく開くと大胸筋の外側を鍛えるのに効果的なため、
  幅をかえながらバランス良く行うことで、
  美しいバストアップをはかると良いと言われています。
 ・そのままの状態で行うよりも、分厚い本等を手の下に引き、
  より胸が大きく開くような状態をつくれば、
  バストアップの効果がさらに高まると言われています。
 
【 目標の回数・時間 】 
 ・腕立てふせは1日15回くらい行なうのが良いと言われています。
 ・多くても一日20回程度にするのが、良いと思います。
 ・バストアップのための腕立て伏せは、「やり過ぎ」に注意してください。
 ・大胸筋をあまりにも鍛えすぎると、胸全体が「硬く」なります。
 
【 場 所 】 
 ・室内
 
【 その他 】 
 ・ほしのあきさんなど 胸の大きいアイドル、芸能人も
  日々腕立て伏せでメンテナンスを行っていることからも
  有効性は高いといわれています。
 
posted by makoto at 17:18 |  ├ エクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。