2008年12月02日

ブライダルインナー

【 ブライダルインナーとは 】 
ブライダル2  ・結婚式・披露宴の時の
  ドレスを着用する際に利用する
  専用のインナーです。
 ・花嫁さんの体のラインを
  綺麗にみせるために利用します。
 ・披露宴などで着用するドレスは、
  背中が大きく開いたドレスなどもあり、
  通常の下着では丸見えになってしまうので、
  ブライダルインナーを着用します。
 
【 特 徴 】 
 ・ドレスを着用するための機能にすぐれています。
 ・フラットなおなか、 きゅっとくびれたウエストライン、
ブライダル3   ドレスをよりいっそう美しく際立たせてくれる
  ランジェリーです。
 ( メリット )
 ・ドレスをきれいに着こなすため、
  一般の下着よりも補整力が高いものが多いです。
 ・背中の開きが大きなドレスに対応した、
  バックレスと呼ばれるタイプもあります。
 ・肩を出しても大丈夫なように
  ストラップの取り外しが可能なタイプがあります。
 ・体型カバーのほか、痩せ型の人が
  メリハリのある体にみせることも可能。
 
【 備 考 】 
 ・ブライダルインナーには、用途に応じて様々なバリエーションがあります
 ・スリーインワン
  ・・・ブラジャーとウエストニッパーとガーターベルトがひとつになった物
 ・ロングブラ
  ・・・アンダーから腹部までをサポートすることで、トップとのメリハリがつけられます。
 ・ボディスーツ
  ・・・バスト、ウエスト、ヒップをトータルに整え
     トータルなボディメイク効果を発揮します。
 ・ウエストニッパー
  ・・・胸部下部よりウエストにかけてのラインを補正し
     腹部を引き締めて体のラインを細く見せるもの
 ・Vバック・・・背中が大きく開いたドレス用
 
  ブライダルインナーはドレスのタイプや好みに合わせてセレクトしてください。
  ドレスのデザインによって適した下着が変わることもあるので、
  ドレスを選んでから ドレスに合う下着を購入し、
  試着時もドレス下着をつけて確認するのがおすすめだそうです。
 ・レンタルではなく購入する場合は肌の色に近いモカ・ベージュ色を選べば、
  薄手の2次会ドレスでもそのまま利用できると思います。
 
【 ドレスの種類 】 
 ・プリンセスライン・Aライン
ブライダルAライン  ボリュームのあるドレスラインに負けないように、
  上半身のラインを整えることが
  美しくドレスを着こなすポイントです。
  ボトムはお尻のラインが隠れてしまうので
  足裁き効果のあるタップパンツのみでも良いそうです
 
 ( ドレスのタイプ別 )
  背中開きが肩甲骨くらいまで
  (特に背中の開きが深くなければ
   しっかりと補正力のあるものがおすすめです)
  →ロングビスチェ(スタンダード)・セミロングブラ
   ・ウエストニッパー
  背中開きが深いタイプ
  →ロングビスチェ(6段ホックタイプ) 
  ボトム→タップパンツ・ソフトガードル
 
 ・マーメイド・スレンダーライン
ブライダル-マーメイド  身体のラインに沿うドレスなので、
  全体のシルエットをバランスよく
  キレイにみせることがポイントです。
  バストを高い位置でキープして、ウエストをシェイプ。
  そして一番の特徴であるヒップラインを高く見せることで、
  形良く着こなせると思います。
 ・ヒップと太もものラインをガードルで整えれば
  より効果的なメリハリボディになると思います。
  ショーツのラインをひびかない物に
 ・インナーの裾のラインが
  ひびいてしまうのが心配な場合は
  ショートビスチェがおすすめです。
 
 ( ドレスのタイプ別 )
  背中開きが肩甲骨くらいまで→ロングビスチェ(スタンダード)
  背中開きが深いタイプ→ロングビスチェ(6段ホックタイプ)
  背中開きが深いまたは裾がひびくタイプ→ショートビスチェ(3段ホックタイプ)
  ボトム→ソフトガードル
 
 ・背中の開きが深いドレスブライダル−背中
 ・背中や脇の開いたドレスは、
  バストアップ、ウエストシェイプはもちろん、
  バックスタイルをすっきり整えることが
  ポイントだと思います。
 ・背中が大きく開いていても、
  サポート力の高い、安定感のあるインナー選びが
  大切だと思います。
 ・背中のお肉をしっかり入れるためには
  自分の身体にしっかり合ったサイズ選びが重要です。
 ・ショートビスチェの場合は腰周りにサポートが届かないので、
  ガードルの併用も必須になります。
 
 ( ドレスのタイプ別 )
  ショートビスチェ(3段ホックタイプ)
  ボトム→ソフトガードル
 
 ・ビスチェタイプ・デコルテ見せドレス
ブライダル−ビスチェ  ・バストラインが強調されるこのタイプのドレスは、
  バストを高い位置にキープして、
  バストラインを整えることがポイントだと思います。
 ・バストが小さい方は、しっかりしたパットを入れて
  胸の上部にボリュームを出したり、
  大きい胸の方は付属のパットを抜いて
  すっきり見せることで、
  より美しいドレススタイルが叶います。
 ・胸を小さく見せたいからといって
  小さいサイズのインナーを選んでは逆効果になります。
  脇のお肉までしっかり入るサイズを選んでください。
 
 ( ドレスのタイプ別 )
  背中開きが肩甲骨くらいまで
  →ロングビスチェ(スタンダード)&セミロングブラ&ウエストニッパー
  背中開きが深いタイプ→ロングビスチェ(6段ホックタイプ)
 
 ・マタニティードレス
ブライダル−マタニティー  ・大きくなってくるお腹と敏感になってくるお肌で、
  ブラジャーのワイヤーが気になります。
  アンダーとお腹を締め付けないインナー選びが
  ポイントだと思います。
 ・冷えからお腹を守り、
  落ちてこない程度の着用感があれば大丈夫です。
 ・マタニティセミロングブラはワイヤー部分にクッションを着け、
  より着け心地がソフトなものを選んでください。
 ・マタニティサポートパンツは
  両手でお腹を抱えるようなフィット感で腰を支え、
  姿勢を保つのにも最適なものを選んでください。
 ・まだお腹の大きさが気にならない方なら、
  ロングビスチェを通常より大きめサイズで選んでいただいても
  大丈夫な場合があります。
 ・お腹周りのホックを緩めれば、締め付け感はなく、適度な安定感が備わります。
 
 ・マタニティセミロングブラ・マタニティサポートパンツ・ロングビスチェ(スタンダード)
 
ブライダル
 
   ー  ブライダルインナーをネットで安く購入するにはこちら  −
    (送料に注意して選んでください。) 
 
【 ├ バストアップ用補正下着の最新記事】
posted by makoto at 20:12 |  ├ バストアップ用補正下着 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。