2008年12月01日

マタニティーインナー

【 マタニティーインナーとは 】 
マタニティー3  ・マタニティー(妊娠)の時期・産後の時期に
  使用する目的で作られた
  インナーの事をいいます。
 ・妊娠すると、バストやおなかが大きくなるといった
  体型の変化だけでなく、
  生理面や感覚面、またはボディラインにも
  影響がでてきます。
 ・マタニティ期を快適に、そして美しく過ごすためには、
  時期に応じたマタニティインナーで
  ここちよく、しっかりとサポートしてくれるそうです。
 ・産前から産後までのからだの変化を
  研究してつくられているそうです。
マタニティー  
【 特 徴 】 
 ・ 妊娠されると、赤ちゃんの成長とともに
  子宮が大きくなります。
  また、バストのサイズも変化します。
  子宮が大きくなると、
  からだの中の内臓も押し上げられてきます。
  マタニティーインナーは
  そういった体の変化に対応するようにつくられています
 ・産前は母体とベビーの快適な生活のために、
  変化の大きいバストやおなかを重みから
  やさしくサポートしてくれるものを選ぶと良いそうです。
 ・産後は美しいボディラインを取り戻すために、
  下垂しやすい時期のバストをしっかり支えるとともに、
  骨盤を安定させ、ウエストや下腹部をシェイプさせるものを選ぶと良いそうです。
 
 ( メリット )
 ・バストを締めつけず着け心地ラクです。
 ・下からやさしく支えてくれます。
 ・赤ちゃんが生まれるまでの、
  バストのサイズ゙変化にも対応しやすい設計になっているそうです。
 ・サイズアップに堪えられるワイヤーや伸縮性を持つ素材でつくられています。 
 ・発達した乳房を支えられる強度のあるストラップが採用されているものが多いです。
 ( 一般的なブラジャーの特徴 )
 ・一般女性の為のブラジャーでは、
  からだのサイズが変らないことを前提に作られているので、
  サイズが変わる度にブラジャーを替える必要があります。
 ・一般的なブラジャーは補整機能が組み込まれています。
 ・妊娠中に妊娠前のブラジャーを着けると締め付け感があります。
  乳腺が発達し、短期間でカップやアンダーサイズが大きくなるこの時期に
  通常のブラジャーを使用していると、乳腺を圧迫し、
  母乳の出が悪くなってしまうことがあるそうです。
 
【 マタニティー用ブラジャーをつける時期 】 
 ・妊娠に気づかれた時点でバストはすでに母乳を出す準備をはじめています。
  2ヶ月〜3ヶ月目でバストの変化が感じられなくても
  ブラジャーはマタニティ用に変えた方が良いそうです。
 
【 授乳用ブラの種類 】 
 ・授乳用ブラには
  ハーフトップタイプの クロスオープンブラ、
  フロントオープンブラやストラップオープンブラ、
  ウィンドーオープンブラなどが あります。
 
 ・ウィンドーオープンタイプ
   ・・・グラマーバストの人には、授乳中もしっかりバストを支えてくれます。
 
 ・乳腺を傷めてしまわないよう、ノンワイヤーのものがお勧めです。
 
【 よく聞くマタニティーインナーの購入失敗例 】 
 ・思ったほど付け心地がよくなかった。
 ・思ったほど機能性が高くなかった、機能性を実感できなかった
 ・購入した時点でサイズが合わなかった
 ・購入してすぐにサイズが合わなくなった
 ・すぐに傷んで使えなくなった
 ・大切な時期だからこそ、慎重に計画的に、
  マタニティインナーを上手に活用してください。
 
マタニティー2
 
   ー  マタニティーブラをネットで安く購入するにはこちら  −
    (送料に注意して選んでください。) 
 
【 ├ バストアップ用補正下着の最新記事】
posted by makoto at 17:02 |  ├ バストアップ用補正下着 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。