2008年09月08日

お酒・飲酒(バストアップへ悪影響)

 ・バストアップ中はお酒をできるだけ控えたほうが良いと思います。
 
【 お酒・飲酒がバストアップによくない理由1 】 
 
 〔 お酒を飲む 〕
  → 〔 様々な影響を受けやすい女性ホルモン(エストロゲン)に影響を与える 〕
  → 〔 エストロゲンの分泌を低下させる 〕
  → 〔 バストが大きくならない 〕

     (他にも更年期障害や骨粗鬆症などを引き起こすといわれています。)
 
【 お酒・飲酒がバストアップによくない理由2 】 
 
 〔 お酒を飲みすぎる 〕
  → 〔 肝臓に負担がかかり、アルコールを分解できずに悪酔いをしてしまう 〕
  → 〔 二日酔いによる頭痛や胃痛、嘔吐などを引き起し体力が消耗される 〕
  → 〔 体を壊す 〕 → 〔 バストが大きくならない 〕

 
  体調が悪くなれば、女性としての輝きも半減してしまいます。
 
【 お酒・飲酒がバストアップによくない理由3 】 
 
 〔 お酒を飲みすぎる 〕
  → 〔 睡眠不足になる 〕 → 〔 女性ホルモンの分泌が少なくなる 〕
  → 〔 バストが大きくならない 〕

 
【 お酒・飲酒のメリット 】 
 ・「酒は百薬の長」といわれますが、それは適量を飲んだ場合のことです
  適度の飲酒はバストアップにもメリットがあります。
  リラックス効果・血行促進・ストレス解消・食欲増進
 
 ( 適量とは )
 ・ワインにすると、女性でだいたい1日20〜25mlといわれています。
  日本酒・焼酎だと1日1合
  が「適量」という研究データが多くありますので
  これを参考にすると良いと思います。
 
【 おすすめ対応策 】 
 ・ノンアルコールのビールがあるので、代用してみる。
 ・どうしてもガマンできない場合は、
  ストレスにならないように、量を決めてほどほどに飲むのも
  しかたないかもしれません。
  ちびちびと楽しく飲んで、ストレス解消になるのであれば、
  バストアップにも良い影響を与えるのではないでしょうか。
 ・もし飲みすぎてしまった場合は、水分を補給して、
  血液中のアルコール濃度を下げ、尿として排泄させましょう。
 
  肝臓の、アルコール代謝量は、個人差がありますが、
  一般的に肝臓がアルコールを分解できるのは、
  一時間に9〜15ml といわれています。
  ビール瓶なら3分の1、日本酒なら7分の1程度です。
  思っているよりも、少ない量ですので、急激にたくさん飲まずに
  少しずつ飲まれるようにすると良いと思います。
 
【バストアップ 駄目なことの最新記事】
posted by makoto at 21:37 | バストアップ 駄目なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。