2008年09月04日

夜更かし・睡眠不足(バストアップへ悪影響)

【 睡眠不足がバストアップによくない理由1 】 
 
 〔 睡眠が不足する 〕 → 〔 女性ホルモンの分泌が少なくなる 〕
  → 〔 バストの乳腺が発達しない 〕 → 〔 バストが大きくならない 〕

 
【 睡眠不足がバストアップによくない理由2 】 
 
 〔 睡眠が不足する 〕 → 〔 寝不足により疲労が蓄積したままでイライラする 〕
  → 〔 笑う事ができない 〕 → 〔 ストレスが発散できない 〕
  → 〔 間脳にある視床下部に影響&自律神経の調節がうまくいかなくなる 〕
 
     (視床下部は女性ホルモンの量を調節。精神的な影響を受けやすいです。)
  → 〔 視床下部の機能が低下 〕 → 〔 女性ホルモンの分泌が少なくなる 〕
  → 〔 バストの乳腺が発達しない 〕 → 〔 バストが大きくならない 〕 

 
【 睡眠不足がバストアップによくない理由3 】 
 
 〔 睡眠が不足する 〕 → 〔 疲れが取れない 〕
  → 〔 疲れていれば、バストアップの行動をおこすモチベーションも下がります 〕

 
【 理想の睡眠時間 】 
 ・一日に必要な睡眠時間は6-8時間だそうです。
  (一日7時間睡眠をとっている方が
   最も長生きをしているという調査結果があるそうです。)
 
【 おすすめの睡眠の時間帯 】 
 ・女性ホルモンの分泌が活発な夜中12時〜午前3時の間に
  必ず睡眠をとるのがおすすめです。
  12時に寝始めるのではなく、
  12時にはしっかりと寝ている状態になっているという意味です。
 
【 おすすめ対応策 】 
 ・バストは寝ている間に成長するといわれています。
  まずは良質な睡眠を確保するように努力してみると良いと思います。
 ・寝る前に牛乳を飲み睡眠の質を上げる
 ・規則正しい生活時間を心がける。
 ・リラックスできる曲を寝る前に聴く(モーツアルトなど)
 ・日中適度に運動をし、グッスリ眠れるようにする。
 
【 備 考 】 
 ・睡眠不足のままだと、結果的に
  バストアップの努力をしてもなかなか成果が出てこない、
  ということになります。
 ・仕事の関係などでどうしても、という方もいらっしゃると思います。
  そんな方は、難しいとは思いますが、
  体の疲れを解消させ、健康的な生活をするよう心がけてください
 
【 余 談 】 
 ・寝るときの姿勢ですが、うつぶせになって寝たり、片側だけ下にして寝ると、
  バストの形が崩れてしまうといわれています。
  基本は仰向けになって寝ることだそうです。
  でも、寝てるときのことなんて普通わからないので、難しいかと思います。

【バストアップ 駄目なことの最新記事】
posted by makoto at 18:59 | バストアップ 駄目なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。