2008年08月17日

卵(美肌・女性ホルモン・ストレス軽減などに効果、バストアップが期待されます)

【 バストアップに有効な成分 】 
 ・ カルシウム ・  ・ たんぱく質 ・ リン ・ レシチン
 ・ ・ビタミンA ・ ビタミンB2 ・ ビタミンD ・ ビタミンE  
 
【 働き・効果 】 
 ・バストアップに効果があるといわれています。
 ・ホルモンに働きかけ女性ホルモンの働きを促進する効果があるといわれています。
 ・細胞の再生を助けて皮膚や粘膜を正常に保ち
  肌のハリを出す働きがあるので、美肌効果が期待できるといわれています。
 ・抗酸化作用があり老化防止が期待できるといわれています。
 ・血液を増やしバストアップの効果が期待できるといわれています。
 ・リン脂体の主成分であるレシチンは、肝臓の脂肪を取り除く働きをするといわれています
 ・鶏卵1個に約6グラムのタンパク質を含み、たいへん質がよいといわれています。
 ・とくに不足しがちな必須(ひっす)アミノ酸のうち、
  リジン、メチオニン、トリプトファンが多く、理想的なタンパク質といえるそうです。
  血液筋肉を作り女性ホルモンの作用を活発にするサポートをしてくれます。
 
【 その他のポイント 】 
 ・卵はそれだけで、完全食品といわれています。
 ・バストアップに欠かせない女性ホルモンの働きを促す必須アミノ酸が含まれる
  良質なたんぱく質をとるためには、卵や肉類・魚介類などがお勧めです。
 ・必須アミノ酸含有比率は、人体にとって理想的なものにたいへん近いといわれています
 ・タンパク質の栄養的な価値を表すアミノ酸価では、鶏卵は100(最高が100)だそうです。
 ・これらの食品は、カロリーや脂肪も多く含まれるため、
  個人に合わせた適量に注意をしてください。
 ・卵の脂肪はよく乳化されているので、消化吸収もよいそうです。
 ・コレステロールが卵に含まれているが、
  卵黄中の脂質レシチンが、血中コレステロール値を減らすような働きをするため、
  血中コレステロール値は上昇しにくいといわれています。
 
 ー  卵をネットで安く購入するにはこちら  −
    (送料に注意して選んでください。)
卵

【 ├ 食品の最新記事】
posted by makoto at 17:32 |  ├ 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。