2008年08月04日

ほうれん草(美肌・女性ホルモン・筋肉などに効果、バストアップが期待されます)

【 バストアップに有効な成分 】 
 ・ イソフラボン誘導体(エストロゲンに似た働きをしてくれる成分が含まれています。)
 ・ 水分(100グラム中ー90.4グラム)
 ・ たんぱく質(100グラム中ー3.3グラム)
     ・ トリプトファン ・ シスチン
 ・ 脂質(100グラム中ー0.2グラム)
 ・ 糖質(100グラム中ー3.6グラム)
 ・ 灰分(100グラム中ー1.7グラム)
 
 ー 無機質 ー
 ・ カルシウム(100グラム中ー55ミリグラム)
 ・ カリウム(100グラム中ー740ミリグラム)
 ・ リン(100グラム中ー60ミリグラム)
 ・ 
 
 ー ビタミン −
 ・ ビタミンAカロチン(100グラム中ー3100マイクログラム)
 ・ ビタミンA効力(100グラム中ー1700IU)
 ・ ビタミンB1 ・ ビタミンB2 ・ ビタミンC
 
【 働き・効果 】 
 ・バストアップに効果があるといわれています。
 ・細胞の再生を助けて皮膚や粘膜を正常に保ち
  皮膚に張りと潤いをもたらし、美しいバストを作る効果があるといわれています。
 ・女性ホルモンの分泌を促しホルモンに働きかけ
  女性ホルモンの作用を活発にするサポートをしてくれるといわれています。
 ・イソフラボン誘導体は植物性エストロゲンとも呼ばれており
  美しいバストを保つためや若々しい肌を保つためなどに効果があるといわれています。
 ・血液を作る成分が含まれており、血液を増やし
  バストアップの効果があるといるといわれています。
 ・筋肉を作る成分が含まれおり、筋肉のたるみを防ぐ効果があるといわれています。
 ・強い抗酸化作用を持つものもあるので、老いの予防にもなるといわれています。
 ・細胞膜を構成するといわれています。
 ・ツヤのあるバストを作る効果があります。肌のハリを出す働きがあるといわれています。
 ・中枢神経や末梢神経の機能を正常に保つといわれています。
 ・貧血に効果があるといわれています。
 ・風邪の予防に効果があるといわれています。
 ・がん予防に効果があるといわれています。
 
【 その他のポイント 】 
 ・ほうれん草に含まれるビタミンAは、油と相性が良いので、
  炒め物、揚げ物など、油と一緒に摂取すると吸収が良くなります。
 ・ほうれん草に含まれるビタミンCは、熱に弱いので、
  あく抜きのためにゆでる時は、1分以内にすると良いと思います。
 ・細胞内にシュウ酸が多く含まれ、これは有害なので、
  十分な水でよくゆでて、水にさらすなどしてシュウ酸を除く必要があります。
 
 ー  ほうれん草をネットで安く購入するにはこちら  −
    (送料に注意して選んでください。)
ほうれん草

【 ├ 食品の最新記事】
posted by makoto at 12:40 |  ├ 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。