2008年05月18日

リン(骨をつくり細胞膜を構成する働きがあり、バストアップ効果が期待)

【 リンとは 】 
 ・リンとは、体の中にあるミネラルの中ではカルシウムの次に多いといわれる
  ミネラルの一つです。
 ・リンは生体内の組織・細胞に不可欠な構成要素で、
  生理機能において重要な働きをしている必須元素の一つといわれています。
 ・カルシウムと結合して骨や歯を形成する主成分でもあります。
 ・リン脂質として細胞膜の構成をしています。
 ・ATPとしてエネルギーの代謝や貯蔵に関与しています。
 ・筋肉や脳、神経など様々な組織に含まれています。
 ・生体内では大部分(80%)が骨と歯にリン酸カルシウムとして存在しています。
 
【 働き 】 
 ・リンはカルシウム代謝と深い関係があるといわれています。
 
【 効果 】 
 ・をつくる材料となるといわれています。
 ・細胞膜を構成するといわれています。
 
【 過剰に摂取した場合 】 
 ・現在の食生活では、食品添加物として各種リン酸塩が
  加工食品に多く用いられているので、リンの過剰摂取につながる可能性があります。
  長期間過剰摂取した条件では腎機能が低下し、副甲状腺ホルモンに対する応答も
  低下することが観察されています。
 
【 不足した場合 】 
 ・現代の食生活からは、一般的にはリンが不足する事はなく
  逆に過剰摂取が問題であるという意見もあります。
 
【 含まれる食品 】 
 ・カルシウムとマグネシウムを含む食品を積極的に取って、
  リンとのバランスを取ると良いといわれています。。
 ・リンはその摂取比率を考慮する必要があるといわれています。
 
【 その他 】 
 ・カルシウムとリンとのバランスが崩れてしまうと、うまく身体に利用されないので、
  バランスよい食事を心がるようにし、カルシウム不足を防ぐことが
  バストアップに必要だといわれています。。
 ・安全性については、腎機能が正常であれば
  血中リン濃度が調節されるといわれています。
 
  ー  リンのサプリを購入するにはこちら  −
 
【 └ サプリ・栄養成分の最新記事】
posted by makoto at 22:13 |  └ サプリ・栄養成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。