2008年05月12日

マグネシウム(新陳代謝を活性化させる働きがあり、バストアップ効果が期待)

【 マグネシウムとは 】 
 ・マグネシウムは、幅広い細胞反応に必須なミネラルといわれています。
 ・マグネシウムとはなどの発育・形成のために、
  カルシウムと共に必要なミネラルといわれています。
 ・マグネシウムは60パーセントから65パーセントが骨に含まれているといわれています。
 
【 働き 】 
 ・マグネシウムはエネルギーをつくる助けや、血圧の維持、神経の興奮を抑えたりする
  働きがあるといわれています。
 ・マグネシウムは酵素を活性化させて新陳代謝を促してくれる効果があると
  いわれています。
 ・体内で300種類ものの酵素の働きを助けているといわれています。
 ・精神を安定させ、ビタミンB群と共に糖質・脂質・たんぱく質の代謝
  核酸の合成に働くといわれています。
 
【 効果 】 
 ・ダイエットなどで、便秘になった時にマグネシウムが効果があるといわれています。
  (にがりが便秘に効くと、流行したことがありますが、
  それは、にがりの主成分がマグネシウムであるためといわれています。)
 ・ダイエットにも効果があるといわれています。
 ・バストラインや美しいボディラインのために必要な栄養素のひとつといわれています。
 ・心臓病高血圧予防するといわれています。
  (軽・中症の高血圧の治療、片頭痛の予防などに対しては、
   一部にヒトでの有効性を示唆する報告もあるそうです)
 
【 過剰に摂取した場合 】 
 ・過剰摂取により下痢高マグネシウム血症などを起こすことがあるといわれています
  特に重篤な腎不全患者には注意が必要だといわれています。
 
【 不足した場合 】 
 ・マグネシウムの欠乏では神経疾患、精神疾患、不整脈、心疾患などが
  起こるといわれています。
 
【 含まれる食品 】 
 ・ナッツ類ーアーモンド・カシューナッツ・落花生・ごま
  魚介類ーひじき・昆布・わかめ・するめ
  豆類ー大豆・小豆
 
【 その他 】 
 ・カルシウムと2対1から3対1の割合でとるとよいそうです。
  リンを多くとると吸収が妨げられてしまうそうです。
 ・安全性については、適切に摂取すれば安全と思われます。
 ・マグネシウムは保健機能食品(栄養機能食品)の対象成分となっています。
 ・乳幼児・小児については、あえて錠剤やカプセル剤の形状で
  補給・保管する必要性がない旨の注意喚起が出されているそうです。
 
  ー  マグネシウムのサプリを購入するにはこちら  −
 
【 └ サプリ・栄養成分の最新記事】
posted by makoto at 11:52 |  └ サプリ・栄養成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。