2008年04月30日

ブラックコホシュ(女性ホルモンの働きを助けるのでバストアップ効果が期待)

【 ブラックコホシュとは 】 
 ・ブラックコホシュとは、インディアンによって発見されたもので、
  北アメリカ原産のキンポウゲ科サラシナショウマ属の、多年草です。
 ・アメリカの先住民が、古くから神経痛の治療用薬草リウマチの痛み炎症
  婦人科系の疾患への民間療法で使用してきたハーブです。
 ・欧米諸国においては“女性のハーブ”として知られています。
 
【 働き 】 
 ・ブラックコホシュは、バストアップに欠かせない女性ホルモンの働きを助ける
  サプリメントとして知られています。
 ・トリテルペン配糖体、イソフラボン、 アルカノイドなどの成分を含んでいます。
 ・根の部分に含まれるイソフラボンが女性ホルモンの働きを助けることで、
  乳腺を刺激、バストを大きくすることが確認され、
  近年はバストサプリの主要成分として人気を集めています。
 ・通常、女性ホルモンは20〜30代でピークを迎え、
  その後、卵巣機能の衰えとともに低下しますが、
  ブラックコホシュを摂取することで女性ホルモン値の急低下を抑えて
  バストの張りを保てることが分かっています。
 ・体内の女性ホルモン値を引き上げることで豊かなバストをもたらし、
  希望のサイズに達した後も大きさをキープしてくれるといわれています。
 ・急激なエストロゲンの不足による、乳がん子宮ガン予防などにも
  役立つハーブだといわれています。
 
【 効果 】 
 ・女性ホルモンバランスを整えるといわれています。
 ・体内の女性ホルモン値が常に落ちないよう引き上げてくれるといわれています。
 ・婦人科系疾患に効果があるといわれています。
 ・バストアップに効果があるといわれています。
 ・バスト周辺に丸みを帯びた女性らしい体つき、理想の上向きバストが
  手に入るといわれています。
 ・月経前症候群更年期症状緩和に効果があるといわれています。
 ・子宮癌の予防に効果があるといわれています。
 ・リュウマチの炎症に効果があるといわれています。
 ・美肌効果があるといわれています。
 
【 含まれる食品 】 
 ・ブラックコホシュとは、北アメリカ原産のキンポウゲ科サラシナショウマ属の、
  多年草です。
 
【 その他 】 
 ・安全性については、適切に経口摂取する場合は安全だといわれています。
 ・妊娠中・授乳中はおそらく危険と思われるため使用は避けた方が賢明だと思います。
 ・肝毒性の可能性が懸念されています。
 ・海外ではブラックコホシュ摂取との関連が疑われる肝障害の事例報告が
  多数あるそうです。
  そのため欧州医薬品局(EMEA)のハーブ医薬品に関する委員会(HMPC)、
  英国医薬品(MHRA)、フランス食品安全庁(AFSSA)、フィンランド食品安全局は、
  製品への警告表示の追加など、健康被害防止に対する注意喚起を
  行っているそうです。日本でも2006年8月、厚生労働省が注意喚起を行いました。
 
 ー  ブラックコホシュのサプリを購入するにはこちら  −
 
【 └ サプリ・栄養成分の最新記事】
posted by makoto at 17:59 |  └ サプリ・栄養成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。