2008年04月28日

プエラリアミリフィカ(女性ホルモンと似た働きをし、バストアップ効果が期待)

【 プエラリアミリフィカとは 】 
 ・プエラリアミリフィカ(学名Pueraria mirifica)とは、
  タイの北西部の山岳地帯に自生するマメ科クズ属の植物
  根が大きな塊状になるのが特徴です。
  この根っこのイモの部分、白ヤマイモのことを言います
 ・プエラリアミリフィカはガウクルアとも呼ばれています。
 ・タイでは白ガウクルア(一般名White kwao keur)と呼ばれ、
  その塊根は若返りの薬として知られています。
 ・また、食用にもされていたようです。
 ・ハーブの一種といわれています。
 ・現在、美容や健康の分野で注目を集めるプエラリアミリフィカのイソフラボン含有率
  大豆の約40倍といわれています。
 ・またイソフラボンの1000倍ものホルモン活性効果があるといわれている成分、
  「ミロエステロール」と「デオキシ・ミロエステロール」が含まれているといわれています
  この成分は、バスト(乳腺の発達と乳脂肪の促進)やボディラインに
  有効とされています。
  この成分を含む植物は、現在プエラリアしか見つかっておらず、
  美乳効果をもつ(大豆イソフラボンにはほとんどない)成分が多く含まれることも
  分かっています。ただ、その効果の強さから副作用の心配も指摘されています。
 ・タイでもっとも権威のあるチュラロンコン大学の薬学部生薬学科長の、
  ウイチャイ・チャーチワサー教授によって研究されてきたものです。
  タイでは女性の若返りの薬として昔から愛用されてきました。
 ・タイの20歳から40歳の女性100人投与したところ、
  8〜9割の女性にバストが大きくなる現象が見られ、
  もっとも効果があった例では、飲みはじめて5日間で約2.5センチも増えたようです。
 ・プエラリア・ミリフィカが美と健康の食品として注目を浴びたのは、
  "高齢の女性がプエラリアを食し、美しさと健康を保っていた"という趣旨の内容が
  記載されていた古文書が翻訳されたことに由来するといわれています。
 
【 働き 】 
 ・イソフラボン、クワクリン、プエラリンと言った成分が含まれています
  イソフラボン誘導体が女性の美容と健康、バストアップに役立つ植物といわれています
 ・プエラリアの成分はショ糖(砂糖)・食物繊維が大部分ですが、
  女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲン・イソフラボンが含まれています
 ・プエラリア・ミリフィカには女性ホルモンのエストロゲン分泌を促進する作用がある
  と言われており、これが女性ホルモンの活性化と共に豊胸効果をもたらす
  と言われています。
 ・プエラリアの主成分のイソフラボン誘導体は
  女性ホルモンに類似する作用を持つにも関わらず
  ステロイドホルモンとは異なる構造をしているため、
  副作用のない安全な植物と言われています。
 
【 効果 】 
 ・豊胸・バストアップの効果があるといわれています。
 ・コラーゲンエラスチン活性化させる働きがあるといわれています。
 ・シワ・しみなどを軽減する美肌効果があるといわれています。
 ・更年期障害の軽減にも期待できると言われています。
 ・若返りの効果があるといわれています。
 ・ホルモン置換療法に効果があるといわれています。
 ・強壮によいといわれています。
 ・骨粗鬆症高脂血症に効果があるといわれています。
 ・不妊によいといわれていますが、
  サプリとして長期に飲み続けると不妊の原因になるのではという意見もあります。
 
【 過剰に摂取した場合 】 
 ・バストアップサプリとして、成分を濃縮したものについては、
  過剰に服用しすぎないよう注意が必要といわれています。
 ・しかし、濃縮されていないプエラリアの場合は、
  現地でも古くから食べられている食品なので問題はないとされます。
 ・1日1g以上続けて摂取すると月経に異常が起こる方がいます。
 
【 含まれる食品 】 
 ・プエラリアミリフィカとは、タイの北西部の山岳地帯に自生する
  マメ科クズ属の植物のことです。ハ−ブの一種といわれています。
 ・白ガウクルア、赤ガウクルア、黒ガウクルア、鼠色ガウクルアの4種類があり、
  そのうちイソフラボンが含まれており、
  女性の豊胸用に使われるのは白ガウクルアといわれています。
 ・古くは、赤ガウクルア(学名Butea superba)と呼ばれる植物と混同されていましたが、
  現在では違う植物として区別されています。
 ・日本でよく知られている葛(クズ、学名Pueraria lobata)の近縁種です。
 
【 その他 】 
 ・プエラリアはある程度量を摂取しなければ体感がないといわれているそうです。
 ・1ヶ月摂取したからといって胸がスグに大きくなるようなことは稀で、
  最低3ヶ月を目安に摂取すると良いようです。
 ・ヒトにおける安全性については、
  貧血や肝機能検査値の変動が認められたという報告があるそうです。
 ・バストアップサプリの服用は、その『 ご使用上の注意事項 』をよく読み
  用量・用法を守って正しくお使いください。
 ・プエラリアは女性ホルモンに近い成分であるため、
  長期にわたって取り続けると、自力でホルモンを分泌する力が、
  衰えてきてしまう可能性があるそうです。
  このことは、将来「不妊症」につながる可能性があるのではといわれています。
 ・プエラリアだけではなく、ワイルドヤムや大豆イソフラボンなどの、
  女性ホルモンに似ている成分をサプリメントとして補給する場合には、
  子宮筋腫の症状を悪化させてしまうといった可能性もあるといわれています。

 (摂取をする際の注意点)
 ・1日1g以上続けて摂取すると月経に異常が起こる方がいます。
 ・親エストロゲンの分泌が盛んな20歳以下の女性は摂取をやめましょう。
 ・プエラリア・ミリフィカは強い女性ホルモン様作用を有する可能性があることから、
  安易に利用せず、甲状腺異常のある方、乳がん、子宮ガン、卵巣ガン、
  その他の生殖器の疾患をお持ちの方妊娠中、産前産後、授乳中の方
  摂取はやめましょう
 ・最近ではプエラリアの粗悪品が多く出回っています。
  誤った商品選びは胸が大きくなる事は期待できませんが、
  それ以上に副作用やホルモンバランスを崩すなど身体への影響も考えられます。
  購入の基準は価格などで選ばず、信頼あるSHOPで購入するように心がけてください
 
 (最低限のチェック項目)
  □ 1粒あたりプエラリア成分が何%含まれているか
  □ 生産は国内か(国産品の方が安全性も高く、
     原材料や含有量も多く含まれているケースがほとんどだそうです)
 
 
 ・正しく使用したのにもかかわらず、バストアップサプリなどの医薬品による副作用や
  ※生物由来製品からの感染など、健康被害を受けた場合には、
  被害救済制度があります。
 
  詳しくは下記まで
    独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 
     0120-149-931  http://www.pmda.go.jp/
 
     生物由来製品とは、植物を除く、人やその他の生物に由来するものを
        原料又は材料として製造・小分けされる医薬品・医薬部外品・化粧品又は
        医療用具のうち、保健衛生上特別の注意がいるものとして、
        厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するものをいいます。

 
 ・サプリメントのほかに、プエラリアミリフィカの成分が入った
  バストアップ用の ジェル クリーム なども販売されています。
 
 ー  プエラリアミリフィカのサプリを購入するにはこちら  −
 
【 └ サプリ・栄養成分の最新記事】
posted by makoto at 17:21 |  └ サプリ・栄養成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。