2008年04月18日

ビタミンA(肌のハリを出す働きがあるので、バストアップ効果が期待)

【 ビタミンAとは 】 
 ・ビタミンAとは、別名レチノールと言われています。
 ・ビタミンAとは、体の必須栄養素です
 ・ビタミンAは、動物性食品に含まれている脂溶性ビタミンの1つであり、
  植物性食品に含まれるカロテンからも体内で生成されます。
 
【 働き 】 
 ・粘膜の維持には無くてはならないもので、皮膚や臓器の健康を保っています。
 ・上皮、器官、臓器成長・分化に関与することから、
  妊婦や授乳婦にとっては特に必要なビタミンといわれています。
 
【 効果 】 
 ・ビタミンAには、皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあるといわれています。
 ・目や粘膜を正常に保つといわれています。
 ・ビタミンAは視力が下がるのを防止する働きもあります。
 ・夜盲症を防ぐといわれています。
 ・ビタミンAには、皮膚新陳代謝を活発にして、
  ハリをよみがえらせてくれる効果があるので、
  バストアップにも効果的といわれるビタミンのひとつといわれています。
 ・肌の色やつやを良くし、高めるという効果があるといわれています。
 ・つめを健康な状態に保つといわれています。
 ・成長を促進する効果があるといわれています。
 ・抗酸化作用があり、免疫力を向上させるといわれています。
 ・抗酸化作用で、動脈硬化の予防老化がんから身を守るといわれています。
 ・がん患者(頭部や頸部、肺)の2次がんの再発リスクの減少に対しては
  おそらく効果がないと思われています。
 
【 過剰に摂取した場合 】 
 ・ビタミンAは余分に取りすぎると
  過剰症といって身体によくない症状を引き起こすことがあります。
 ・妊婦が過剰摂取した場合は奇形のリスクがあるため
  注意が必要であるといわれています。
 
【 不足した場合 】 
 ・ビタミンAが欠乏すると眼球乾燥症夜盲症になるといわれています。
 
【 含まれる食品 】 
 ・バストにハリとツヤを与えるビタミンAには植物性と動物性の2種類あります。
 ・食物性ビタミンA(体内でAに変わるベ−タカロチン) −
  大豆製品・トウモロコシ・あんず・スイカ・干し柿・
  緑黄色野菜全般(ニンジン・トマト・かぼちゃ・ほうれん草・モロヘイヤ・春菊
 ・動物性ビタミンA(レチノ−ル) − 
  鶏レバー・豚レバー・卵黄・うなぎ・バター・アンコウ肝・肝油・チーズ・牛乳
 
【 その他 】 
 ・ビタミンAは脂溶性(油になじみやすい)という特性があるため、
  油でいためた状態の料理を食べると、体内に吸収される効率が高まります。
 ・シミやシワができるということは、「胸のハリもなくなっている」ということなので
  そうした事態を防ぐために、
  ビタミンAを摂取して若々しい肌を保つようにすると良いと思います。
 ・体質改善の即効性はありませんので、継続してとることをおすすめします。
 ・適切に使用する場合は安全と言われていますが、
  過剰に摂取した場合には危険性が示唆されているので注意が必要だと思います。
 
 ー  ビタミンAのサプリを購入するにはこちら  −
 
【 └ サプリ・栄養成分の最新記事】
posted by makoto at 11:24 |  └ サプリ・栄養成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。