2008年04月16日

パントテン酸(ストレスへの抵抗力をつけ、バストアップ効果が期待)

【 パントテン酸とは 】 
 ・パントテン酸とは水溶性ビタミンのひとつで、動植物食品に広く含まれています。
 ・パントテン酸の語源は、ギリシャ語で「広くどこにでもある」という意味で、
  その名前の通り広く食品に存在します。
 ・ビタミンB5とも呼ばれています。
 ・ダイエットサプリメントや、バストアップサプリメントなどに含まれていて、
  健康維持には欠かせないビタミンです。
 
【 働き 】 
 ・パントテン酸は補酵素A(コエンザイムA)の構成成分として、
  エネルギー産生、脂肪酸の合成・分解あるいは他の代謝調節過程での
  中心的役割を担うビタミンといわれています。
 
【 効果 】 
 ・副腎皮質ホルモンを合成するといわれています。
 ・脂質、糖質、タンパク質の代謝に役立つといわれています。
 ・ストレスへの抵抗力をつけるビタミンとして知られています。
 
【 不足した場合 】 
 ・パントテン酸は、「どこにでもある」という意味で、
  その名前の通り広く食品に存在するため、ヒトでの欠乏症はまれだそうです。
 ・アルコ−ル、カフェインなどで、消耗しやすくなります。
 ・パントテン酸が不足すると疲労感や、頭痛、腹痛、消化障害などが
  引き起こされる可能性があると言われています。
 ・パントテン酸の欠乏は副腎に関連があるとされています。
 
【 含まれる食品 】 
 ・パントテン酸を含む食品は、
  肉類(レバーなど)・魚介類(タラコなど)・玄米・干ししいたけ
  ・納豆・アボガド・卵
など
 
【 その他 】 
 ・安全性については、適切に経口摂取する場合、安全といわれています。
 
 ー  パントテン酸のサプリを購入するにはこちら  −
 
【 └ サプリ・栄養成分の最新記事】
posted by makoto at 11:02 |  └ サプリ・栄養成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。