2008年04月13日

ナイアシン(血行をよくし、バストアップ効果が期待)

【 ナイアシンとは 】 
 ・ナイアシンとは、水溶性のビタミンで別名ニコチン酸とニコチンアミドとも呼ばれており
  ビタミンB郡の仲間の1つです。
 ・ナイアシンは、たんぱく質に含まれる必須アミノ酸の1つです。
  トリプトファンから体内で合成されています。
 ・活性型補酵素(NAD、NADP)として、生体内でエネルギー生産や、
  脂質の代謝アミノ酸代謝などに関与するビタミンです。
 
【 働き 】 
 ・ナイアシンは酵素の成分となり、胃腸の働きを正常に保ち、皮膚の健康を維持し、
  ホルモンの合成血行促進などにも役に立っています。
 
【 効果 】 
 ・血行を良くし、バストアップの効果があるといわれています。
 ・脳神経の働きを助けるといわれています。
 
【 不足した場合 】 
 ・ナイアシンの欠乏症は皮膚炎・認知症・下痢を起こすペラグラですが、
  日本人では欠乏症はほとんどみられないそうです。
 ・ナイアシンが不足するとまれに皮膚炎を起こす場合があるそうです。
 
【 含まれる食品 】
 ・ナイアシンを含む食材としては、
  豚や牛のレバー・鶏のむね肉・魚介類(タラコなど)・玄米・落花生などがあります
  
【 その他 】 
 ・糖質、脂質、たんぱく質の代謝に必要で、
  性ホルモンやインスリンの合成にも関わります。
  血行をよくし、冷え性の改善にも役立つといわれています。
 ・お酒をよく飲む人ほどナイアシンが多量に消費されます。
 ・ヒトにおいてニコチン酸およびニコチンアミドは、
  ナイアシン欠乏症の予防に経口摂取で有効だといわれています。
 ・安全性については、適切に経口摂取する場合、安全といわれています。
 ・バストアップサプリメントや、ダイエットのためのサプリメントなどに
  よく含まれている成分です。

 ー  ナイアシンのサプリを購入するにはこちら  −
 
【 └ サプリ・栄養成分の最新記事】
posted by makoto at 10:37 |  └ サプリ・栄養成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。