2008年03月28日

カルシウム(ホルモンに働きかけバストアップ効果が期待)

【 カルシウムとは 】 
 ・カルシウムとは、体内で最も量の多いミネラルで、をつくっている栄養素です
 ・カルシウムは99パーセントに存在し、
  残り1パーセント血液など、体液筋肉などの組織のなかにあります。
 
【 働き 】 
 ・残り少量の血液や筋肉の中にあるカルシウムは、
  血液凝固や心臓の機能、筋収縮などに関与し
  生命維持活動に重要な役割を果たしています。
 
【 効果 】 
 ・の形成をおこないます。
 ・イライラを沈めます。
 ・細胞の分化・分裂を促します。
 ・各種ホルモンの分泌にも働きかけます。
 ・くる病、骨軟化症、低カルシウム血症、骨粗しょう症の治療に対して
  効果があるといわれています。
 
【 過剰に摂取した場合 】 
 ・肉類やナトリウムの過剰摂取が、カルシウムの排出量を防ぐ原因になります。
  過剰摂取により泌尿器系結石の形成、ミルクアルカリ症候群などの障害を
  起こす可能性があります。
 
【 不足した場合 】 
 ・長期に渡ってカルシウムの摂取量や吸収量が不足すると
  骨粗しょう症を引き起こします。
 
【 含まれる食品 】 
 ・カルシウムを多く含む食材は、
  植物性のものでは、
   海藻類(ひじき・ワカメ)・きくらげ・ゴマ・パセリ・大豆・小松菜・豆腐など。
  動物性では、
   桜エビ・チーズ・牛乳・小魚・貝類
  などがあります。
 
【 その他 】 
 ・カルシウムは、ビタミンDと一緒に取ることで、吸収率がアップします。
 ・バストアップには必須の女性ホルモンであるエストロゲンは、
  骨から溶け出すカルシウムを抑えて、骨を保護する役目をしています。 
 ・カルシウムの安全性については、適切に摂取すれば安全といわれています。
 
 ー  カルシウムのサプリを購入するにはこちら  −
 
【 └ サプリ・栄養成分の最新記事】
posted by makoto at 20:29 |  └ サプリ・栄養成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。