2008年02月22日

乳腺とは・・・バストアップとバストのしくみ

mune01.gif 乳腺とはバストの内部組織のひとつです。
 バストの中にある、乳菅を持つ腺のことで、
 乳腺がいくつか集まって、乳腺葉を形成しています。 
 バストのハリボリュームに関係しています。
 
 バストの大きさは
 この乳腺の発達の度合いによって決まります。
 
 乳腺が多ければかたく動きにくいので
 バストの垂れや形がくずれにくいといわれています
 
 乳腺は、乳頭から乳房全体にひろがっています。
 小葉(しょうよう)という主に乳汁を作る組織と、
 乳管という乳汁を乳頭まで運ぶ管で
 成り立った器官のことです。

 小葉と乳管は腺葉というブドウの房のような組織を作っていて、
 一つの腺葉からは1本の乳管が乳頭に向けて開口しています。
 
 乳房の約10%が乳腺といわれています。
 その数は乳房片方で約15〜25ほどあるそうです。
 
 ・乳腺は妊娠すると活動が活発になるので妊娠中の乳房が大きくなります。
 ・月経の周期に合わせても活発になるので、
  月経前に乳房が張ったように感じられます。

【 ├ バストのしくみの最新記事】
posted by makoto at 20:49 |  ├ バストのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。