2008年02月14日

メマツヨイグサ・・・バストアップ クリーム・ジェル

バストアップ効果があると言われている メマツヨイグサ とは、
 別名・ 月見草 のことです。イブニングプリムローズとも呼ばれます。

・メマツヨイグザは、北アメリカ原産のアカバナ科マツヨイグサ属の一種で
 オオマツヨイグサに比べると花の大きさや色が違います。

・一般には月見草オイルの名で知られるメマツヨイグサ O.biennis の種子油です。

・メマツヨイグザの完熟種子には、
 γリノレン酸(GLA)を豊富に含んでいることで知られています。
 γリノレン酸必須脂肪酸の1つで、
 アレルギーや女性独特の症状である月経前症候群や、
 セルライトに有効だといわれている成分です。

 このメマツヨイグサ成分由来の複合体などが、
 コラーゲンの合成を促してくれるのと同時に、
 コラーゲンと同様に細胞の外で機能する
 繊維状のたんぱく質、エラスチンを守ってくれる効果があるので、
 バストアップジェルクリームなどに配合されている事があります。
 また、肌の滑らかさやハリをキープしてくれるので
 バストアップ製品や、美容品などによく使用されます。

( 余 談 )
 種子油を食べる場合、
月経前症候群(PMS)による生理痛を抑えるのに効果があるといわれています。
骨粗しょう症に対して有効性があると示唆されています。
・ガンマリノレン酸は乳癌治療に対しても有効であると言われています。
 (ヒトの有効性に対するデータは十分ではありません。)
更年期障害、アトピー性湿疹、小児の注意欠陥多動性障害(ADHD)に対しては
 効果がないことが示唆されています。

【 ├ クリーム・ジェルの最新記事】
posted by makoto at 23:06 |  ├ クリーム・ジェル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。