2008年02月08日

ビタミンP・・・バストアップ クリーム・ジェル

ビタミンP フラボノイド化合物 バイオフラボノイド )は、
 バストアップジェル・バストアップマッサージクリームなどにも含まれています。
 様々な種類が市販されています。

ビタミンPフラボノイド化合物バイオフラボノイドなどと呼ばれることがあります。

・ビタミンPは科学的にはフラボノイドのヒドロキシ誘導体と表現されます。

・ビタミンPとは、
 ケルセチンヘスペリジン(柑橘類に多く含まれる)ルチン(そばなどに多く含まれる)等の
 総称を言います。

・ビタミンPは、ビタミンと同じような働きをするビタミン様物質のことです
・ビタミンPは壊れやすいといわれているビタミンCを安定させ、
 さらにビタミンCの優れた抗酸化作用を支えるはたらきもあります。
 ビタミンCのはたらきをサポートするという点は、注目すべき特徴です。
 ビタミンCの効果が150パーセントにアップすると言われています。
・パワーアップしたビタミンCはビタミンEを生まれ変わらせ酸化脂質の退治をするため、
 美肌効果バストのハリなどバストアップ効果への期待が持てます。
バストアップに欠かせないビタミンCの作用の1つであるコラーゲンの生成というのも
 バイオフラボノイドとの結びつきが重要だといわれています。
・毛細血管を保護し、強くし、
 栄養や酸素が血管に出入りする機能を適度に調整するはたらきもあります。
高血圧予防血中の中性脂肪を減らす作用も期待される重要な物質です。

【 ├ クリーム・ジェルの最新記事】
posted by makoto at 22:07 |  ├ クリーム・ジェル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。